カテゴリー別アーカイブ: マレーシア

第77回講習会 東南アジア化学品規制の概要

30059

資料内容  2019年11月発行(会員価格12,000:非会員価格28,000)   

ASEAN主要国では持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD)において合意されたWSSD2020年目標に向け、化学物質管理制度の見直しが急ピッチで行われており、日本も積極的な協力を行っています。 

 今回紹介する国では、ASEAN内での、ヒト、モノ、サービスの自由な流通を追究しているものの、化学物質管理については各国独自の管理を継続しています。唯一、GHSに関わる部分に共通性を見いだすことができますが、ASEAN内での統一は議論中で、現時点では国連GHSの何版に準拠するかは国によりバラバラな状態です。
 今後においても、EUにおけるREACHのような包括的な化学品管理規制の構築は望むことができず、言葉も違う多様な文化をもった国々のそれぞれの法規により化学品管理が継続されることになるので、各国それぞれの要求に対応していく必要があります。

 タイでは、「化学物質や有害物質の管理のためのアクションプラン(2012-2021)」の一環として、化学物質管理制度の抜本的改正が検討され、2015年8月には工業省から新たな枠組みの提案がされていました。その後進展がありませんでしたが、2019年4月に公衆衛生省から全く別の案が提示される事態となっています。ベトナムにおいては、化学品法の下の政令、部令が2017年末に全面的に改正、施行されました。新規化学物質登記関連についてはいまだに未整備で、2018年9月に31,745物質を収載した国家化学品リスト案が公表され追加に関する意見募集がなされたところです。マレーシア、フィリピンにおいても、いくつか法規が提案され、検討されています。

 東南アジア主要国における化学品規制の概要について、体系的に理解したいという方は是非この機会に聴講ください。なお、本講習会では実務に近い内容や通関手続、試験内容、工場管理等には触れませんので、ご承知おきください。

【紹介する各国の主要法規】
  ◇タイ:有害物質法、労働安全・衛生・環境法、関連法規
  ◇インドネシア:政府法令74/2001、関連法規
  ◇ベトナム:化学品法、関連法規
  ◇マレーシア:2013 CLASS規則
  ◇シンガポール:環境保護管理法、職場安全保健法、関連法規
  ◇フィリピン: 共和国法律6969、関連法規
  ◇ミャンマー: 化学品及び関連物質危害防止法、関連法規

特別資料No.375 マレーシア 2013年労働安全衛生(有害性化学品の分類、表示及び安全性データシート)(2013CLASS)規則及び産業実務規範(ICOP2014)

10375

資料内容  2014年12月発行(会員価格16,000:非会員価格32,000)

マレーシアには一般工業化学品を幅広く規制する法律はなく、労働者を危険有害化学物質から保護する観点から、欧州指令67/548/EECを参考にして、分類・包装・表示と安全性データシートに関して、「1997年労働安全衛生(危険有害化学物質の分類、包装及び表示)規則」が1997年4月10日に公布され、同年4月15日から施行されました。また、2013年10月11日に上記規則を置き換える「2013年労働安全衛生(有害性化学品の分類、表示、及び安全性データシート)規則」(以下「CLASS規則」という)が公布され、2013年10月12日から施行されました。

 

今回、2014年4月16日に労働安全衛生局(DOSH)はCLASS規則に基づく要件を満たすための法的拘束力のある文書である、化学品分類及びハザードコミュニケーションに関する産業実務規範(以下「ICOP」という)を公表しました。その後労働安全衛生局(DOSH)はCLASS規則に従うための十分な時間を持つことを確実にするために、ICOPが官報告示された日から1年間の準備期間を設定しました。この結果CLASS規則は2015年4月16日から正式に運用が開始されることになります。また、CLASS規則に従い化学品の製造業者及び輸入業者は現行年の有害性化学品のインベントリーを翌年の3月31日までに送付することが要求されますが、最初のインベントリー届出は、2015年のインベントリーに対して2016年(2016年3月31日までに届出)から始まることが明文化されました。

CLASS規則及びICOPは、国連GHS文書改訂3版に準拠していますが、EUのCLP規則に合わせて採用していないハザードカテゴリーがあります。また表示及び安全性データシートでは自国語(マレー語)と英語の併記が義務付けられているので注意が必要です。

本資料は、CLASS規則の全文とICOPの一部を翻訳して紹介しています。本資料がマレーシアとの取引き及びマレーシアでの事業のお役に立てば幸いです。