カテゴリー別アーカイブ: EU労働安全関係

特別資料No.287 EU PIC ・ POPs ・水銀に関する規則集

10287

平成22年9月7日発行(会員価格8,000:非会員価格16,000) 資料内容 1998年9月10日にロッテルダムで開催された外交会議において、「国際貿易におけるある種の有害性化学物質および農薬の事前通報承認手続きに関するロッテルダム条約(PIC条約)」が採択された。 欧州連合(EU)ではロッテルダム条約を採り入れて、欧州議会および理事会規則 (EC) No 689/2008を公布した。これまで特別資料No. 252「EU危険な化学品の輸出入に関する欧州議会および理事会規則(第2版)」として紹介したが、その後、付属書にいくつか修正があったため改訂した。今回の改訂に際し、下記の2つの規則を新たに追加して、特別資料No.287「EU PIC・POPs・水銀に関する規則集」として発行する。 1つは、2001年5月、ストックホルムで開催された外交会議において残留性有機汚染物質(POPs)条約を採り入れて公布された、POPsに関する規則(EC) No 850/2004である。もう1つは、2005年1月、欧州委員会により開始された「UNEP水銀プログラム」の一部としての「水銀に関する欧州共同体の戦略」に基づいて公布された水銀禁止規則(EC) No 1102/2008である。 本資料は下記3つ規則の最新修正を含め全訳したもの。 ・危険な化学品の輸出入に関する規則 (EC) No 689/2008 ・残留性有機汚染物質に関する規則 (EC) No 850/2004 ・水銀の輸出禁止および保管に関する規則 (EC) No 1102/2008

特別資料No.352 EU REACH・CLP・REACH付属書XVIIに関するFAQ

10352

2013年8月発行(会員価格8,000:非会員価格16,000) 資料内容 ECHA(欧州化学品庁)では、REACH又はCLP規則の理解を助けるために、よくある質問と回答(FAQs:frequently asked questions)を公開している。 JETOCでは、毎月発行している情報A誌に、ECHAが公表している、「REACHについてよくある質問」、「CLPについてよくある質問」、並びに、「REACH付属書XVIIの施行に関しての質問及び回答」の邦訳を、これらFAQの更新毎に掲載している。 本資料は、情報A誌に掲載したこれらFAQを、現在までに行われた修正等を反映し、「REACHについてのよくある質問」(2012年11月27日公表、第5.2版)、「CLPについてよくある質問」(2012年12月14日公表、第4.0版)、及び「ある種の危険な物質、混合物及びアーティクルの製造、上市及び使用に関する制限に関するREACH付属書XVIIの施行に関しての質問及び回答」(2012年7月公表、第5版)に沿って再編集したものである。 本特別資料が欧州における化学品関連業務を担当する方々にとって役立てば幸いである。