特別資料No.487 ECETOC ポリマーのリスクアセスメントに関するECETOCの概念的枠組み(CF4Polymers) 技術レポートNo. 133-1

特別資料No.487 ECETOC ポリマーのリスクアセスメントに関するECETOCの概念的枠組み(CF4Polymers) 技術レポートNo. 133-1 (10487)

資料内容  2020年10月発行

2019年5月に欧州化学物質生態毒性及び毒性センター(ECETOC)は、「ポリマーのリスクアセスメントに関するECETOCの概念的枠組み(CF4Polymers)」を技術レポート(Technical Report No. 133-1)として公開しました。

ポリマー製品は、通常、ポリマー物質(重合高分子)だけではなく、安定剤等の意図的な添加物、不純物等の非意図的な添加物が含まれる複数成分からなる製品であり、また、その製品ライフステージに応じて組成、形態、用途等が変化する非常に複雑かつ多様性に富んだ製品です。そのような製品のリスクアセスメントにおいては、従来の化学物質に対するリスクアセスメントアプローチがそのまま適用できない可能性もあることから、ポリマー製品のリスクアセスメントに対応する目的でECETOCは今回のレポートを作成しています。

この数年、マイクロプラスチックを含むプラスチック材料の有害性に対する懸念が高まってきており、また、欧州においてポリマー登録の進められている状況も鑑み、JETOCとしてはECETOCの了解を得た上で、上記技術レポートの全訳に取組みました。本文自体は、情報Bの2019年12月号から2020年6月号に掲載されたものをまとめ再校正したものですが、本資料には、更にポリマーの複雑性及び多様性について述べているAPPENDIX A、並びに、本枠組みを作成する上で基盤となった当時の各国のポリマー規制状況をまとめたAPPEMDIX Bが追加されています。

なお、本翻訳文は、ECETOCによって公表された原文(英語版)の非公式な翻訳であり、原文は以下のウェブサイトにて無料にて入手できます(http://www.ecetoc.org/publication/tr-133-the-ecetoc-conceptual-framework-for-polymer-risk-assessment-cf4polymers/)。翻訳はJETOCが行っており、ECETOCによる内容の確認は受けておりません。翻訳に関する全ての質問及びコメントについては、JETOCが対応させていただきます。

注文番号 タイトル 販売価格
在庫状態 数量 単位  
10487-1 会員価格 ¥18,000
在庫有り
10487-2 一般価格 ¥45,000
在庫有り