本文へ移動する

メニューへ移動する


ここからメニューです。

ここから本文です。

講演会案内

  • TOP
  • 講演会案内
  • 第67回基礎講座 世界の規制物質リスト調査(インターネットを用いた調査)

第67回基礎講座 世界の規制物質リスト調査(インターネットを用いた調査)

 化学品関連事業のグローバル展開が進む中、各国規制に対応する化学品管理業務において、当該物質の規制情報を入手することは極めて重要なステップです。その最新情報は、インターネット上で入手可能になっていますが、目的のリストを探すのは言語の問題もあり必ずしも容易ではありません。

 

 本基礎講座では、世界15ヵ国地域の100近くの規制物質リストについて、概要とともに具体的なアクセス方法を示します。(日本については時間の都合上、資料の配布のみで当日の説明は行いません。)

 

 全ての規制物質リストを網羅しているわけではありませんが、本講座により、世界各国の化学物質規制リストに関する最新状況を包括的に把握することができます。

 

 また本講座では、米国において、2016年6月に制定、発効された改正TSCAの下位規則であるインベントリー届出要件規則に関するリスト(暫定アクティブリスト、免除リスト)、及びベトナムの改正された化学品法(政令第113/2017/ND-CP号)に対応するリストに関する情報についてもお伝えいたします。主要な規制物質リストを入手することで、自社の取り扱う物質、混合物について、当該国での製造や当該国への輸出対応、あるいはサプライチェーンからの含有物質調査への回答を行う際の一助になると考えております。また、事業戦略の参考にもなる資料として、法規制を超えた安全への取組みに資する米国の物質リストや更なる規制措置が検討されている欧州の物質リスト等も盛り込んでおります。

 

 本講座は、平成28年9月の前回講座以降の法規の制定、改正、所管当局の組織変更やウェブサイトの変更、リストの更新等を考慮した平成30年3月1日時点での最新情報をお伝えいたします。

 

 なお、当日配布する特別資料には、ウェブサイトのURLをExcel形式で収載したCD-ROMを添付します。

 

 本講座は規制物質リストの入手又は検索を目的とするもので、具体的な根拠となる法令の説明は予定しておりませんので、あらかじめご了承ください。 

 
以下に紹介する予定のリストを示します。
 
<紹介する予定のリスト>  (*:サイトに大幅な変更のあった国)

◇米国TSCAインベントリー、インベントリー届出要件規則に関するリスト(暫定アクティブリスト、免除リスト)、重要新規利用規則、有害な化学物質及び混合物の規制、化学物質及び混合物の試験、予備的評価情報報告規則、健康及び安全性データ報告規則、輸出届出の対象リスト、毒性及び危険有害性物質、有害物質放出インベントリー、がん又は生殖毒性を引き起こすことが州に知られている化学品、より安全な化学品成分リスト
◇カナダ国内物質リスト、非国内物質リスト、重要新規活動、優先物質リスト、実質的排除物質リスト、有害物質リスト、輸出統制リスト
◇EU:欧州既存商業化学物質インベントリー、もはやポリマーとはみなされない物質リスト、指令67/548/EEC届出物質リスト、登録物質リスト、予備登録物質リスト、認可の対象となる物質のリスト、認可の勧告物質、認可の対象となる物質の候補リスト、意図の登録簿、ある種の危険な物質、混合物及びアーティクルの製造、上市及び使用に関する制限の対象リスト、共同体ローリング・アクション・プラン、RMOA又は非公式アセスメント対象物質リスト、C&Lインベントリー、ある種の有害物質に対する調和化された分類表示、殺生物剤活性物質リスト、第95条リスト
◇オーストラリアオーストラリア化学物質インベントリー、有害性物質リスト、優先既存化学品
◇ニュージーランドニュージーランド化学品インベントリー、グループスタンダード
◇フィリピンフィリピン化学品及び化学物質インベントリー、PCL、CCO
◇シンガポール:環境保護管理法 有害性物質
◇マレーシア:ICOP2014 分類された化学品リスト、環境有害性物質届出・登録制度EHS参照リスト、CMR参照リスト
◇タイ:有害物質リスト
◇ベトナム工業部門における条件付生産・経営対象化学品リスト、工業部門における生産・経営制限化学品リスト、禁止化学品リスト、化学品事故防止・対応計画を作成しなければならない危険化学品リスト、申告しなければならない化学品リスト
◇インドネシア使用可能な危険及び有毒な物質、使用が禁止される危険及び有毒な物質、使用が制限される危険及び有毒な物質
◇韓国既存化学物質、登録対象既存化学物質、許可物質(未告示)、制限・禁止物質、有毒物質、事故対備物質、既存化学物質目録
◇中国中国現有化学物質名録、中国で厳しく制限される有毒化学品目録、危険化学品名録、重点的に監督管理を行う危険化学品名録、高毒物品目録、一般有毒物品目録
◇台湾既有化学物質台帳(公告リスト)、毒性化学物質一覧表、危害性化学品標示周知規則、危害物質GHS分類参考一覧表、優先管理化学品の指定及び取扱管理弁法 付表1、管制性化学品の指定及び取扱許可管理弁法 付表1
◇日本:既存化学物質名簿、新規公示物質、第一種特定化学物質、第二種特定化学物質、監視化学物質、優先評価化学物質、届出不要物質、第一種指定化学物質、第二種指定化学物質、毒物、劇物、特定毒物、製造等禁止有害物等、製造許可有害物、表示対象危険物及び有害物、通知対象危険物及び有害物、公表化学物質及び新規公表化学物質

※日本については、資料のみの提供とし、当日の説明は行いません。


各会場の申込締め切り日は、以下となります。
・東京:2018/03/15
・大阪:2018/03/20
なお、締め切り日を過ぎた場合または残席数が0の場合、申込ができなくなります。

【日時/場所】

(東京)2018/03/20 13:00~16:30(受付は12:30より開始)
於 全日通霞が関ビル8F 大会議室 [地図]
東京都千代田区霞が関3-3-3 
残席数:90
(大阪)2018/03/27 13:00~16:30(受付は12:30より開始)
於 大阪科学技術センター 中ホール  [地図]
大阪市西区靱本町1-8-4 
残席数:30

【講師】

JETOC 企画部 次長     佐藤 裕之

JETOC 企画部 課長代理  小迫 典子

【受講料】※資料代金を含んでおります。

受講料は当日受付でいただきます。
受講票の提出とともに必ず現金でお支払いいただくようお願いいたします。

JETOC会員:14,000円
非会員:28,000円

※領収書は当日受講料と引き替えにお渡し致します。
 再発行はいたしませんので、ご留意下さい。

【資料】

特別資料No.438 インターネットを用いた世界の規制物質リスト調査(第9版)

注:セミナー終了後、特別資料のみの販売も行います(会員10,000円/非会員19,000円)。

【申込方法】

申込みフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

正常に申込手続きが行われているかの確認を行います。
また、受講票メールの再送信も行います。

※受講票メールが文字化けしている場合は、お手数ですがメールをご返信下さい。
 再度受講票メールをお送りいたします。

【申込締切】

(東京)2018/03/15
(大阪)2018/03/20

【問い合わせ】

当センター 企画部
(TEL) 03-3297-8051   (FAX) 03-3297-8055

※満席となりました場合、申込期限内でもお断りすることがありますので、お早めにお申込み下さい。

ページの先頭に戻る

  • サイトマップ
  • 著作権について
  • 個人情報保護方針

104-0033 東京都中央区新川1-4-1 住友不動産六甲ビル2F
TEL 03-3297-8051 FAX 03-3297-8055

Copyright (C) Japan Chemical Industry Ecology-Toxicology & Information Center.