カテゴリー別アーカイブ: 発がん性リスト・IARC関係

特別資料No.218 化学物質の発がん性評価とその分類基準(第7版)?発がん性評価物質一覧? CD-ROM付

10218

資料内容  2007年2月発行(会員価格10,000:非会員価格20,000)  本資料は、IARC、(社)日本産業衛生学会(産衛学会)、ACGIH、USEPA、USNTP、EUの発がん性分類基準、それぞれの評価結果を物質毎に整理した「発がん性評価因子一覧表」、そしてGHSの基準も加えた「発がん性分類基準比較表」を掲載しています。  今回で第7版となり、一覧表の対象因子は1417件となりました。前版と比較して以下の点に特徴があります。  前版発行以後にIARC、産衛学会、USEPAの基準文書が改定されましたので、それぞれの分類評価に関連する部分を更新しました。  また、今回は新たにWHO(Air、Drinking Water)およびUSEPA(IRIS)の発がんリスクの定量的評価の結果を掲載しました。  添付したCDには、本文が全てPDFファイルで、また、一覧表はExcelファイルで収載されています。化学物質の安全性を担当する皆様には必携の資料です。是非お申し込みいただきますようご案内申し上げます。

特集号No.73 ヒトに対する発がん性の評価についてのIARCモノグラフ(Vol.68 69 71)

20073

資料内容  2000年3月発行(会員価格12,000:非会員価格20,000)  IARC(国際がん研究機関)はヒトがばく露する恐れのある化学物質等に関するばく露(疫学)データ、動物実験データおよびその裏づけとなるデータ等を審査、評価、分類し、結果をモノグラフの形でシリーズで発行しています。  この特集号ではIARCの承認を得てVol.68からVol.71までの概論 (General Remarks)、要旨及び評価 ( Summary of Data Reported and Evaluation )を翻訳し紹介します。また、IARC発がん性分類(グループ 1,2A,2B,3,4)を解説したVol.71 Preamble(英語、日本語)も掲載しましたのでIARCの発がん性分類の考え方を理解する上で参考になると思います。  Volume 68 : シリカ、珪酸塩、炭塵とp-アラミド繊維  Volume 69 : ポリ塩化ジベンゾ-p-ダイオキシンとポリ塩化ジベンゾフラン  Volume 71 : 有機化合物、ヒドラジン、過酸化水素の再評価

特集号No.70 ヒトに対する発がん性の評価についてのIARCモノグラフ(Vol.55〜65)   Vol.61を除く

20070

資料内容  1998年3月発行(会員価格9,000:非会員価格15,000)  IARC(国際がん研究機関)はヒトがぱく露する恐れのある化学物質等に関するぱく露(疫学)データ,動物実験データおよびその裏付けとなるデータ等を審査,評価,分類し,結果をモノグラフの形でシリーズで発行しています。  この特集号ではIARCの承認を得てVol.55からVol.65 までの概論(General Remarks),要旨及び評価(Summary of Data Reported and Evaluation)を翻訳し紹介します(下記参照)。また,IARC発がん性分類(グループ1,2A,2B,3,4)を解説したVol.65Preamble(英語,日本語)も掲載しましたのでIARCの発がん性分類の考え方を理解する上で参考になると思います。  目次から   vol. 55:太陽及び紫外線幅射      56:一部の自然生成物質:        食品及び食品中の生成物(複素環アミン類とマイコトキシン類)      57:頭髪着色作業に伴う職業ぱく露と個人使用によるぱく露:        ヘアカラー,ヘアダイ,化粧品着色剤,工業用着色剤,芳香族アミン類      58:ベリリウム,カドミウム,水銀及びガラス製造工業におけるぱく露      59:肝炎ウイルス(最終評価のみ)      60:幾つかの工業化学物質      62:木粉とホルムアルデヒド      63:ドライクリーニング,幾つかの塩素化溶剤と工業化学品      65:印刷工程と印刷インク,カーボンブラックと幾つかのニトロ化合物      (vol.61住血吸虫,他 及び vol.64 ヒト パピロマウイルス は割愛しました)