カテゴリー別アーカイブ: 台湾

特別資料No.394 台湾 新化学物質及び既有化学物質関連説明及び手引

10394

資料内容  2015年11月発行(会員価格12,000:非会員価格24,000)

台湾における化学物質管理は、行政院環境保護署が所管する「毒性化学物質管理法」により毒性化学物質による環境汚染及び人の健康障害の防止に関して、また、労動部職業安全衛生署(旧、労工委員会)が所管する「職業安全衛生法(旧、労工安全衛生法)」により、労働災害の防止及び労働者の安全衛生の保護に関して規制されてきた。

しかしながら、既有化学物質リストが未整備であったため、EU REACHの登録に該当する化学物質を申告する機能が未確立で、台湾への化学品流入を源から把握することができなかった。これに対処するため、2009年より労動部は、既有化学物質の報告提出を求め、2011年7月に既有化学物質の初稿リストを公布し、その後も2012年、2014年と増補措置を講じ、2014年12月に化学物質リストとして公告した。

このような準備の下、2014年12月4日に環境保護署により「新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法」、2014年12月31日に労動部により「新化学物質登記管理弁法」が制定され、それぞれ2014年12月11日及び2015年1月1日より施行された。この2つの弁法は、登録すべき新化学物質及び既有化学物質の種類、数量レベル、製造又は輸入状況、物理、化学、毒理、暴露及び危害評価等の資料並びにその他の準備すべき文書、登録期限、標準、簡易、少量及び共同登録方式、登録後の化学物質資料の申告又は増補、情報公開、工商機密保護及びその他の遵守すべき事項について定めている。

本特別資料は、「新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法」及び「新化学物質登記管理弁法」の導入を円滑にするための説明及び手引をまとめたものである。特別資料No.380「台湾 新化学物質の登録・登記管理関連法規及び関連資料」及び2014年12月及び2015年1月に行ったJETOCの第94回講演会の資料のうち「台湾 化学品規制の最新動向」の手引編に相当するものであり、本資料を合わせて活用して頂きたい。

なお、特別資料No.380「台湾 新化学物質の登録・登記管理関連法規及び関連資料」の「よくある質問集」及び「新化学物質登記技術手引(第1版)」については更新されており、最新版を本資料に掲載した。

本資料が、台湾への化学物質の輸出及び台湾での化学物質取扱い業務に関係する方々に役立てば幸いである。

特別資料No.382 台湾 毒性化学物質管理法及びその関連法規

10382

2015年6月発行(会員価格12,000:非会員価格24,000)

資料内容

台湾における化学物質管理は、行政院環境保護署が所管する「毒性化学物質管理法」により毒性化学物質による環境汚染及び人の健康障害の防止に関して、また、労動部職業安全衛生署(旧、労工委員会)が所管の「職業安全衛生法(旧、労工安全衛生法)」により、労働災害の防止及び労働者の安全衛生の保護に関して規制されてきた。

行政院環境保護署は、毒性化学物質を中心として、台湾における化学物質管理の中心的役割を果たしてきた。また、5年以上を要した、新化学物質の登録・登記及び既有化学物質の登録制度の構築においても当初から、職業安全衛生署との協力体制を協調し、2013年12月11日付けで増補・修正した「毒性化学物質管理法」を公布するに至った。そして、その中で新化学物質及び既有化学物質を定義し、更に第4類毒性化学物質の管理を強化した。

新化学物質の登録制度を組み込んだことで、毒性化学物質管理法は、職業安全衛生法と並んで、従来の化学物質のリスト管理から、GHSをベースとした世界標準の化学物質管理に生まれ変わったと言える。

本特別資料は、「台湾 化学物質管理法規(第4版)」の改訂として発行した特別資料No.380「台湾 新化学物質の登録・登記管理関連法規及び関連資料」及び特別資料No.381「台湾 職業安全衛生法及びその慣例法規」と合わせて台湾における最新の化学品管理法規を解説するものである。先に述べた新化学物質の登録・登記及び既有化学物質の登録制度については、特別資料No.380を参照頂きたい。また、2014年12月及び2015年1月に行ったJETOCの第94回講演会の資料のうち「台湾 化学品管理の最新動向」はこれら3つの特別資料の概要を説明するものである。本資料と合わせて活用して頂きたい。

特別資料No.381 台湾 職業安全衛生法及びその関連法規

10381

2015年5月発行(会員価格15,000:非会員価格30,000)

資料内容

台湾における化学物質管理は、行政院環境保護署が所管する「毒性化学物質管理法」により毒性化学物質による環境汚染及び人の健康障害の防止に関して、また、労動部職業安全衛生署(旧、労工委員会)が所管の「職業安全衛生法(旧、労工安全衛生法)」により、労働災害の防止及び労働者の安全衛生の保護に関して規制されてきた。

5年以上におよぶ準備の下、新化学物質の登録・登記及び既有化学物質の登録制度を立ち上げたが、労動部職業安全衛生署としては労働災害の防止及び労働者安全衛生の保護を確たるものにする必要があった。

今回、「職業安全衛生法」の修正に伴い、「職業安全衛生法施行細則」の中で危害性化学品を国家標準(CNS)15030にひも付けて定義し、「危害性化学品標示及び周知規則」の中でGHSを完全施行することを明記した。また、「優先管理化学品の指定及び取扱管理弁法」の中で定義された優先管理化学品について取扱資料を毎年報告申請させることとし、更に、優先管理化学品の中で、高度に暴露リスクがあるものを管制性化学品に指定し、許可を得ない限り、製造、輸入、使用等を禁止する措置を組み込んだ(「管制性化学品の指定及び取扱許可管理弁法」)。

これらの管理体系により、労動部職業安全衛生署は新化学物質の登記管理だけではなく、労働者保護の体制を確立した。

本特別資料は、「台湾 化学物質管理法規(第4版)」の改訂として、「毒性化学物質管理法及びその関連法規」、「新化学物質の登録・登記管理関連法規及び関連資料」と合わせて台湾における最新の化学品管理法規を解説するものである。なお、2014年12月及び2015年1月に行ったJETOCの第94回講演会の資料のうち「台湾 化学品規制の最新動向」はこれら3つの特別資料の概要を説明するものである。本資料と合わせて活用して頂きたい。

特別資料No.380 台湾 新化学物質の登録・登記管理関連法規及び関連資料

10380

2015年4月発行(会員価格15,000:非会員価格30,000)

資料内容

台湾における化学物質管理は、行政院環境保護署が所管する「毒性化学物質管理法」により毒性化学物質による環境汚染及び人の健康障害の防止に関して、また、労動部職業安全衛生署(旧、労工委員会)が所管の「職業安全衛生法(旧、労工安全衛生法)」により、労働災害の防止及び労働者の安全衛生の保護に関して規制されてきた。

しかしながら、既有化学物質リストが未整備であったため、EU REACHの登録に該当する化学物質を申告する機能が働かず、台湾への化学品流入を源から把握することができず、管理が不十分で、貿易の不均衡があるといわれていた。これに対して、2009年より既有化学物質の報告提出を求め、2011年7月に既有化学物質の初稿リストを公布した。その後も2012年、2014年と増補措置を講じ、2014年11月にはリストの更新を完成させ、オンライン上での検索を可能とした。

このような準備の下、Smart REACHあるいはTW REACHとも呼称された新化学物質の登録・登記及び既有化学物質の登録制度を立ち上げた。その考え方は、EU REACHのような大型の法規を1本作るのではなく、今動いている「毒性化学物質管理法」、「職業安全衛生法」に組み込んで現行システムと齟齬なく、最低のコストで最高の効果を狙おうとするものである。

今回、「新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法」及び「新化学物質登記管理弁法」の導入により、企業による物質情報の提供が要求され、化学特性の公開化・情報伝達、商業機密は保護されるが、情報公開への協力、また登録費用の徴収により環境コストの物質への内部化が図られることになる。

本特別資料は、「台湾 化学物質管理法規(第4版)」の改訂として今後発行する「毒性化学物質管理法及びその関連法規」、「職業安全衛生法及びその関連法規」(何れも仮題)と合わせて台湾における最新の化学品管理法規を解説するものである。本資料と合わせて活用して頂きたい。

第94回講演会 マレーシア・台湾の化学品規制の最新動向

30039

2014年12月発行(会員価格11,000:非会員価格21,000) A4版 日本語 92+86頁 平成26年12月19日

資料内容

【マレーシア】

マレーシアではGHSへの整合のため、人的資源省労働安全衛生局(DOSH)が、「2013年労働安全衛生(危険有害化学品の分類・表示及び安全性データシート)規則(2013 CLASS規則)」を2013年10月11日に公布し、その後、2014年4月16日に「2014年化学品の分類及びハザードコミュニケーションに関する産業実務規範(ICOP CHC 2014又はICOP CLASSと略記)」が公表された。2013 CLASS規則及びICOP CLASSは、それぞれ2013年10月及び2014年4月に発効しているが、1年の準備期間が与えられ、2015年4月17日から本格的に動き出すこととなる。また、初回2015年のインベントリーは2016年3月31日までに届出を行うことが明確になっている。一方、ボランタリーで進めている、天然資源環境省環境局(DOE)が所管の、「環境有害性物質届出・登録制度(EHSNR)」は要請があった場合、環境有害性物質の情報を提供する必要があり、登録された環境有害性物質の数は増えている。DOSHはCLASS規則2013とEHSNRとの調和を図るため、化学品情報管理システム(CIMS)を構築しているが、両者の要求データには違いがあるため進展していない。資料はDOEで8年間にわたりEHSNRの開発・普及に携わり、豊富な経験を持っているNor Azam Abdul Aziz氏が作成したもので、和訳と対比している。

【台湾】

新化学物質の登録及び登記制度を導入するための法規が整備され、行政院環境保護署(EPA)所管の、「増補・改訂毒性化学物質管理法」に基づく新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法が2014年12月11日より、また労動部(MOL)職業安全衛生署(OSHA)所管の、「職業安全衛生法」に基づく、新化学物質登記管理弁法が2015年1月1日からそれぞれ全面施行された。草案段階では両法の相違が大きな問題であったが、多くの点で調和化されている。本資料は、両法を体系的に解説する資料であり、EPA、OSHAから送付された資料も含め、以下の点に焦点をあて、JETOC注を豊富に記載し、理解が深まるように努めており、他では入手できない資料となっている。

1.現行毒性化学物質管理法(毒化物法)の増補・改訂

   第4類毒化物認可管理弁法に焦点をあて

2.新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法の概要

3.毒化物法における登録弁法の位置づけ

   環境保護署化学物質管理の概要

4.職業安全衛生法(安衛法)の超概要

   周知規則、優先管理弁法、管制許可弁法に焦点をあて

5.新化学物質登記管理弁法(登記弁法)の概要

6.安衛法における登記弁法の位置づけ

   労動部化学品管理の概要

7.両法のポイント比較(まとめ)

8.化学品管理規制の体系

第93回講演会 ブラジル・トルコ・ロシア・インド・台湾等化学品規制の概要

30033

2013年5月発行(会員価格10,000:非会員価格20,000) 資料内容 ブラジル、トルコ、ロシア、インド、台湾の化学品規制の最新動向について紹介している。台湾については、現行の化学品規制、「毒性化学物質管理法」及び「労工安全衛生法」の両法について、その後の種々の改正を踏まえて紹介し、さらに、平成23年9月の第56回JETOC講習会「韓国K-REACH及び台湾Smart- REACHの最新動向」で紹介したように、今年中にも上記現行の両法の大幅改正が行われ、新化学物質の登記制度等の新しい制度が導入されようとしている状況についても言及している。 なお、ブラジル、トルコ、ロシアの紹介については、世界130ヵ国(地域)以上の現地法規制をカバーし、幅広いネットワークを持つ、グローバル環境・衛生・安全(EHS)法規制コンプライアンスサポート&コンサルティング、ENHESA(エンヘサ)の協力を得て紹介するものである。