カテゴリー別アーカイブ: ミャンマー

その他 第59回講習会資料 東南アジアの化学品規制の概要

30032

2013年3月発行(会員価格9,000:非会員価格18,000) 東南アジアに関する下記の6ヵ国の化学品規制の進展を踏まえ、各国の主要な化学品規制法規の内容の詳細及び最近の規制の進展状況を解説する。実際の法規自体は変更がない国もあるが、現状の動きについて紹介した。なお、今回の講習会に合わせて、ベトナム、タイ、マレーシア、ミャンマーの現地での調査結果を踏まえた概略を解説。特にミャンマー 「化学品及び関連物質危害防止法(仮題)」 の草案についても概要を併せて紹介する。 −説明対象国− ◇ ベトナム:化学品法、関連法規 ◇ タイ:有害物質法、関連法規 ◇ マレーシア:環境有害性物質(EHS)届出・登録、分類・表示・SDS(CLASS)規則案 ◇ インドネシア:政府法令74/2001、関連法規 ◇ シンガポール:環境保護管理法、職場安全保健法、関連法規 ◇ ミャンマー:化学品管理の状況、「化学品及び関連物質危害防止法(仮訳)」   それぞれ分類、表示、SDSの紹介を含む