カテゴリー別アーカイブ: 米国OSHA

特別資料No.347 米国OSHA ハザードコミュニケーションスタンダード(HCS)

10347

2012年12月発行(会員価格12,000:非会員価格24,000) 資料内容 労働安全衛生法(OSHAct)に基づき、危険有害な化学品を取り扱う作業場においてその化学品にばく露されるおそれのある労働者を保護することを目的として1983年に制定された米国のハザードコミュニケーションスタンダード(Hazard Communication Standard;以下HCSと記す)が、労働省労働安全衛生局(OSHA)により2012年3月26日に大幅に改正され、遂に国連GHSに適合した。 JETOCでは、HCSが制定されて以来、その改正と関連情報の修正が実施される度に「米国OSHA 危険有害性周知基準」と題した特別資料の作成を重ねてきた。本資料は、HCSの国連GHSへの適合実現を機に、題名を「米国OSHA ハザードコミュニケーションスタンダード(HCS)」と刷新し、HCSへの理解を深め、活用して頂き易くするために、HCS本文に加え、関連する以下の内容を掲載したものである。 ・改正されたHCSの全文 ・OSHAが定める気中汚染物質への作業場でのばく露の抑制に関する規則 ・HCSとともに連邦規則集に収載されているOSHAの毒性及び危険有害性物質リスト ・HCSで参照することが規定された米国産業衛生専門家会議(ACGIH)、国際がん研究機関(IARC)及び国家毒性プログラム(NTP)の最新情報に基づき、JETOCが独自に編集した危険有害性化学品のリスト ・OSHAが公開したHCSに関するQ&A ・HCSと国連GHS文書等とのハザード分類比較表 ・国連GHS文書及びHCSで使用されている主な用語の対比表 なお、このHCSは2013年2月8日付け78FR 9311にて一部訂正が行われた。この訂正分は2012月12月発行の本資料には反映されていないため、その内容については会員ページの特別資料の更新情報を参照してください。