特別資料No.430 米国 TSCA下位規則集 (インベントリー届出要件、リスク評価のための優先度付け手続、リスク評価手続)

特別資料No.430 米国 TSCA下位規則集 (インベントリー届出要件、リスク評価のための優先度付け手続、リスク評価手続) (10430)

資料内容  2017年9月発行(会員価格10,000:非会員価格20,000)   

米国における「有害物質規制法」(TSCA: Toxic Substances Control Act)は1976年10月11日に制定(1977年1月1日に公布)して以来、約40年間大幅な改正は行われなかった。しかし、2016年6月22日、第114議会にて提出された改正法案「Frank R. Lautenberg Chemical Safety for the 21st Century Act」(H.R.2576)にオバマ前大統領がサインし、正式に改正法が成立、同日発効した。

「Frank R. Lautenberg Chemical Safety for the 21st Century Act」(以下、LCSAと略す)は、旧TSCAにおける様々な問題に対処するため、執行当局であるEPAの権限が強化され、情報要件の厳格化等が盛り込まれているが、それと同時に活動を遂行する多くの期限付きの責任をEPAに課している。その中でも第8条に基づくインベントリー届出、第6条に基づくリスク評価に関する規則は、LCSAの施行後1年以内(2017年6月22日まで)に制定することが規定されている。EPAは、2017年1月13日に「インベントリー届出要件」、1月17日に「リスク評価のための優先度付け手続」及び1月19日に「リスク評価手続」に関する提案規則をそれぞれ連邦公報に公表し、2017年3月14日又は20日までパブリックコメントが求められていた。提案段階の規則ではあるが、JETOCでは、コメント機会の利用やインベントリー届出への準備のために必要であると判断し、これらの提案規則を翻訳した特別資料No.420「米国 TSCA関連 提案規則「インベントリー届出要件」「リスク評価のための優先度付け手続」「リスク評価手続」」を2017年2月に発行した。

その後、上記3規則の最終化が待たれていたが、EPAは、法的期限である2017年6月22日に上記3規則の最終規則を事前公表版としてウェブサイト上に公表した。正式版については、「リスク評価のための優先度付け手続」及び「リスク評価手続」が2017年7月20日、「インベントリー届出要件」が2017年8月11日に連邦公報に公表された。

JETOCでは、正式版の公表に伴い、これらの最終規則を翻訳した特別資料No.430「米国TSCA下位規則集(インベントリー届出要件、リスク評価のための優先度付け手続、リスク評価手続規則)」を発行することとした。最終規則では、パブリックコメント等が反映され、提案規則からの変更点も多い。また、インベントリー届出要件規則については、届出期間が既に始まっており、早期対応のためにも、本特別資料並びに特別資料No.413「米国 有害物質規制法(Toxic Substances Control Act)(第2版)」を活用されたい。

注文番号 タイトル 販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
10430-1 会員価格 ¥10,000
在庫有り
10430-2 一般価格 ¥20,000
在庫有り