特別資料No.425 世界の新規化学物質届出制度(第10版)

特別資料No.425 世界の新規化学物質届出制度(第10版) (10425)

資料内容 2017年5月25日発行(会員価格9,000:非会員価格17,000)

現在、新規化学物質の届出制度は以下に示す世界の12の国・地域で実施されています。

 ・米国 ・カナダ ・EU* ・スイス ・オーストラリア ・ニュージーランド ・フィリピン
・韓国 ・中国  ・日本 ・ベトナム ・台湾

 (*注:EUは既存、新規の区別をなくした特定の物質全てを登録/届出する制度)

新規化学物質をそれらの国・地域で製造又は輸入しようとする場合、基本的に事前の届出が要求される。しかし、これらの制度は国・地域によって異なり整合性がとられたものとなっていないのが実情である。このため、新規化学物質を製造又は輸出する場合には、関係する各国・地域の制度を良く理解して対処する必要がある。 

本資料は、世界の国・地域で実施されている(実施されようとしている)新規化学物質届出制度を1冊にまとめたものであり、以下のことを意図して作成した。なお、EUは新規/既存物質の区別をなくした管理制度が導入され、また、韓国及び台湾についても新規物質に対する管理制度に加え、既存物質についても同様の管理制度が導入されている。これらの管理制度も含めて作成した。

○世界各国・地域の新規化学物質届出制度の概要の把握

○世界各国・地域で新規化学物質を製造する、又は日本から輸出する場合、新規化学物質の届出に関して行うべき要件の理解

このような目的のため、本資料は次の2つのパートに分けて構成した。

(1) 各国・地域の新規化学物質届出制度の概要

(2) 各国・地域の新規化学物質届出制度の詳細

 (1)では、世界の各国・地域で実施されている関連法規の各々について、その概要をそれぞれ1ページに要約して示した。更に、巻末の「付録1」には、これらの制度の主要なポイントを中心に一覧表にまとめ、「付録2」には、各国・地域で制度が異なるため複雑となっている、ポリマーの関連規定について比較して理解しやすいように一覧表にまとめた。なお、EU、韓国、台湾の場合、「届出」という用語が「登録」という用語になっている場合がある。要約の項目の用語については、統一性を保つために便宜上「届出」の用語を用いたが、概要の部分では正確を期すために、「届出」と「登録」を使い分けた。

 (2)では、各国・地域の制度について12項目に分け、その内容をある程度詳細に説明した。しかし、紙面の都合もあり本資料だけで十分に詳細を示すことは困難であり、これらについては、各々の法規を見て頂くか、当センター発行の資料等を見て確認して頂きたい。なお、原法規の確認を容易にするため、本資料ではできる限り出典の条項を記載した。また、EU、韓国、台湾の場合の「届出」という用語については、項目も含めて正確を期すために、「届出」及び「登録」の用語を使い分けた。 

本資料では、前版(第9版 特別資料No.391)を発行した2015年12月以降、2017年4月1日までの各国・地域の新規化学物質届出制度に関連する改正点を反映させている。

また、本資料は、主として各国・地域ごとの法規や手引等に基づき作成したが、その他に各所管当局のウェブサイトからの情報、当局への問合せにより直接入手した情報等も取り入れた。 分類・包装・表示及びSDS並びに制限・禁止等の規制の状況については、原則として新規化学物質届出制度に関連する部分に限って採り上げた。

注文番号 タイトル 販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
10425-1 会員価格 ¥9,000
在庫有り
10425-2 一般価格 ¥17,000
在庫有り