特別資料No.385 米国における化学物質規制の初歩(第7版)

特別資料No.385 米国における化学物質規制の初歩(第7版) (10385)

平成27年7月14日発行(会員価格10,000:非会員価格19,000) A4版 日本語 104頁

資料内容

米国で一般工業化学品を取り扱う際に基本となる法規は、1976年に制定された連邦法である『有害物質規制法(TSCA)』です。TSCAは化学物質及び混合物を規制するための包括的な法律であり、TSCAに基づき『製造前届出(PMN)規則』、『重要新規利用規則(SNUR)』、『化学品データ報告(CDR)規則』等が定められています。米国内にて化学品を製造、又は輸入する事業者及び、米国に輸出する日本の事業者は、TSCAの規制をよく理解して、適切に遵法対応する必要があります。TSCAは民事及び刑事による罰則が厳しい法律としても知られています。最近では制定後40年近く経つTSCAの改正(TSCAリフォーム)を巡る動きも注目されています。

 また、労働安全衛生法(OSHAct)に基づく「ハザードコミュニケーションスタンダード(HCS)」は、危険有害性化学品を取り扱う米国内の作業場における、労働者の保護を目的として1983年に制定されました。2012年に公布された最終規則で国連GHSに適合している一方、米国独自の規制も含まれます。2015年6月1日以降、化学品の製造業者、輸入業者、物流業者及び事業者は、改正されたHCSの全ての条項を遵守して、SDSやラベルの作成によるハザード情報の伝達や、従業員訓練等を行う義務が有ります。米国への輸出業者は、輸入業者等が遵法対応できるように情報提供が必要です。

 本資料は、『米国における化学物質規制の初歩』として、TSCAやHCSを中心に、米国内にて一般工業化学品を製造、又は輸入する事業者、米国への輸出業者向けに、米国における化学物質規制の基本を法令ベースに解説します。又、有害物質放出インベントリー(TRI)や、州法の例としてカリフォルニア州の1989年安全飲料水及び有害物質施行法(プロポジション65)についても解説します。対象となるのは化学品管理部門、新事業、新製品開発部門、研究部門等です。法規の解釈はFAQを多く用いて分かりやすく説明を付しています。

注文番号 タイトル 販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
10385-1 会員価格 ¥10,000
在庫有り
10385-2 一般価格 ¥19,000
在庫有り