特集号No.107 EU REACHの手引書「情報要件および化学品安全性アセスメントに関する手引」リファレンスガイダンス(XIV)

特集号No.107 EU REACHの手引書「情報要件および化学品安全性アセスメントに関する手引」リファレンスガイダンス(XIV) (20107)

平成22年3月18日発行(会員価格15,000:非会員価格30,000) 資料内容 2008年5月末(2008年7月に一部改定)にRIP3.2とRIP3.3を一つにまとめた「情報要件および化学品安全性アセスメントに関する手引」が公表された。この手引は大きく「コンサイスガイダンス」と「リファレンスガイダンス」の二つに分かれ、さらに「コンサイスガイダンス」はパートAからパートGまでの7つのパートから構成され、「リファレンスガイダンス」は第R2章から第R20章までの19の章から構成されている。この手引には、全体を通して情報の収集、情報のアセスメント、データギャップの特定とそれを満たすための追加情報の作成、化学品安全性アセスメントの実施、化学品安全性報告書の作成などが解説されている。「コンサイスガイダンス」の目的は物質固有の特性についての情報要件を満たし、化学品安全性アセスメントを実施するために必要なプロセスを支援するものであり、「リファレンスガイダンス」の目的は詳細な科学的・技術的助言を提供することである。 JETOCではこの手引全文を邦訳して提供することにしているが、本手引は2000ページを超える膨大なものであるため、分冊にして発行することにした。本資料はこの手引のうち、「リファレンスガイダンス」のR.17章:アーティクルからのばく露推定、R.18章:廃棄物ライフステージからのばく露推定、R.19章:不確かさ解析、R.20章:用語および略語の表までを全訳したものである。

注文番号 タイトル 販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
20107-1 会員価格 ¥15,000
在庫有り
20107-2 一般価格 ¥30,000
在庫有り